仮想通貨の今後 2018


2018年1月の頂点から今は軟調な仮想通貨ですが、ビットコインをはじめ、イーサリアムやリップル、ネムなどのアルトコイン
は今後価格が伸びる可能性はあるのでしょうか?

今から投資しても利益を得らえることができるのが気になるところですよね。


一時は下がっていた取引高も、また少しずつ増えていっているようです。
FXや株式投資からの投資資金がまた仮想通貨にもどってきているという情報もあります。

 

仮想通貨の今後は一体どうなっていくのでしょうか?

 

日本で仮想通貨の人気が高まっているのはなぜ?

仮想通貨が注目され、2017年からニュースやネットでも仮想通貨のことを目にすることが多くなってきました。

仮想通貨がこれほどまで注目される要因となった1つに「改正資金決済法」によって、仮想通貨取引所が認可された事業となったことがあります。
つまり仮想通貨が日本の中で正式に「支払いの通貨」として国に認められたということです。

それにつられて仮想通貨を使った新しいビジネスや取引も日々生まれ世間の関心が集まってきているんですね。

仮想通貨の取引量も日本は世界の4割をシェアしていると言われるほど盛んになっています。
ただマイニングや新しい仮想通貨の開発などは海外の方が圧倒的に多いのが現状です。

 

スポンサーリンク

 

国が仮想通貨の規制を作ることはメリットになる?

 

仮想通貨の規制


ビットコインをはじめリップルやネムなどのアルトコインを含む仮想通貨は非中央集権という思想のもと開発されました。
つまり国が管理するものではないということです。

それが仮想通貨の本質なのですが、一方である程度の規制は必要だという考えもあります。

たしかに国が関しないからといって、何でもかんでもやりたい放題というのもいかがなものかとは思います。

不正を防止して利用者を保護するような規制を作りつつ仮想通貨のイノベーションを維持するような規制なら僕も賛成です。

規制がある程度固まってきたら、仮想通貨も信用度がもっと増えていくのではないでしょうか。

今はまだ一般の人には「怪しいとか危ない」というイメージがどうしても拭いきれない仮想通貨ですが、それも時間の問題だと思います。

 

 

2018年以降、仮想通貨の今後はどうなる?

今ではあなたも当たり前のように使っているインターネット。
一昔前までは世の中に存在していないものでした。これにより世界は劇的に変化しました。
このインターネットが情報をやりとりするインフラであるように、取引情報や価値、マネーをやりとりするインフラになるのが仮想通貨なんです。

仮想通貨は今はまだ世の中に浸透していない、生まれたばかりの赤ん坊ですが、数年もすればインターネットと同じように世の中で当たり前のように使われていると僕は思います。

ビットコインで支払いができるショップも日々増えていっています。リップルやイーサリアムも提携する企業や銀行がどんどん増えていっています。

 

スポンサーリンク

話は少し変わりますが、人工知能なんて遠い未来の話だと思っていたのに、いまは日々開発が進んで車の自動運転が目の前まで来ています。
20年後にはAIの進歩で100以上の仕事がなくなり、かわりに今は存在していない新しい仕事ができていると言われています。

そうなる仮想通貨は人の手を介さずに人工知能同士が決済や取引を始めるようになるでしょう。
1円未満の少額決済を含め、そこでは手数料がいまより低く、処理速度が速い仮想通貨が使われているでしょう。


ただお金のすべてが仮想通貨に変わるのではなく、現金と仮想通貨の共存になっていると思います。
それぞれ役割が違うからこそ共存できる。そんな未来が今後待っていると思います。

今後、世界中で仮想通貨は使われうようになりグローバル企業の決済にも使用される言われています。
仮想通貨は次世代の基盤通貨になる可能性は大きいでしょう。

 

 

今後は銀行も仮想通貨を作る予定

今は仮想通貨取引所でのみ購入ができますが、日本の銀行でも独自の仮想通貨を発行しようとする動きがあります。

例えば、「MUFGコイン」


これは三菱UFJが考案中の仮想通貨です。ビットコインなどの一般的な仮想通貨と違うところはその価値(価格)が完全に固定されているという点です。
1円1MUFGコインという価値になっているので、価格の変動を気にすることはありません。

価格が固定されているので、ビットコインのように毎日変動することがなく、国民としては安心で安全に生活に使うことができるんです。

もちろん「MUFGコイン」もビットコインと同じくブロックチェーンの技術を使った仮想通貨です。

大規模な管理システムがいらないブロックチェーンだからこそ瞬時に送金でき、手数料も大幅に安くできるというメリットがあります。

 

この仮想通貨はなんと2018年中に実現を目指すそうです。
今年中には銀行が発行する仮想通貨をあなたも使う日が来るかもしれません


また、みずほ銀行も「Jコイン」といわれる仮想通貨の実験を行っています。
「Jコイン」もブロックチェーン技術を利用した仮想通貨で、ライバルである三菱東京UFJ銀行の「MUFGコイン」に影響されて開発開始をしたそうです。


ブロックチェーンの仕組み技術とは?わかりやすく図解で説明!

 

Jコインの今後の展望と可能性について、みずほFG佐藤社長は、

「キャッシュレスな世の中になる事で、社会なコストが大きく削減できるはず。
その意味では、可能性は無限大だ。今後は日本全国を1つの方式で統一できるようなアプローチをかけていきたい。」

とコメントしている。

 

2018年以降、仮想通貨の今後まとめ


以上のように、仮想通貨はビットコインだけでなく、日本の大手銀行までもが開発や実験を日々行っているのです。
仮想通貨の以上は今後、さらに伸びていくことは間違いないようです。

2018年に入って軟調な相場の仮想通貨ですが、逆に考えると今の価格はとても安くお得な相場だということです。
株やFXで利益を上げている人達はみんな価格が下がっているときに購入する人達です。

一方損をする人達の特徴は価格が上がってみんなが購入し始めてから買い始める人達です。

投資の名言に何をおいてもまず出てくるのこの言葉です。

 

「人の行く裏に道あり花の山」


投資というのは、とにかく群衆心理(みんなと同じ動きをすること)で動きがちなんです。

そうではなく、むしろ他人とは反対のことをやった方がうまくいくという意味の名言です。
大勢についていけば確かに危険は少ないように思えます。しかし、成功者は人がやらないことをやったから成功しているわけです。
人と同じことをやっていても人並みの結果しか得られないのです。

相場に例えると、下がっているときに買い、上がったら少しずつ売っていく

これが投資で勝つ鉄則です。

今回お伝えしたように仮想通貨の今後は伸びる可能性が大です。
価格が低い今が絶好の買い場だということを知っておいてくださいね。

1年後、2年後、仮想通貨の価格が大きく上がったときに

あの時仮想通貨を買っておけばよかった・・・」と後悔しないうちに相場が下がっている今がバーゲンセールです。

僕もこの低い相場の時に着々と買い増しを続けています。

仮想通貨をこれから始めてみたい人も今がチャンスです!

おすすめ!日本の仮想通貨取引所ランキング情報2018

必見!国内仮想通貨取引所選び4つのポイントとは?

 

★この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。
↓↓↓↓↓

ブロックチェーンの仕組み技術とは?わかりやすく図解で説明!

仮想通貨初心者へ!購入から使い方、3つの保管方法

スポンサーリンク

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!