仮想通貨取引所選び4つのポイント

 

コインチェックのハッキング事件やZAIFの2246兆事件など、最近仮想通貨取引所ではトラブルが続いていますね。

僕もコインチェックに仮想通貨を保管しているんで、まだ取引停止状態で何もできない状況です( ノД`)

 

海外の取引所ではバイナンスとコインエクスチェンジ、KUCOINに分散しているので、そちらはなんとか今のところ無事です。

 

まだ今のところですけど・・・

 

いつハッキングが起きてもおかしくない状況なので、僕も念のため投資額の半分はハードウェアウォレットに保管しています。


ハードウェアウォレットの記事はこちら↓

おすすめハードウェアウォレットLedger Nano sの注意点とは?

 


とうことで今回は、日本の仮想通貨取引所はどこを使うべきかという内容をお伝えします。

 

国内仮想通貨取引所選びの4つのポイントとは?

 

スポンサーリンク


日本でも仮想通貨取引所はけっこうたくさんありますが、ニュースやネットの記事でトラブルを見て

「いったいどの取引所に登録すればいいの?」

という不安なる人もいると思います。

 

また、今現在仮想通貨投資をやっていて取引所の口座を持っているけど、予備のために他にも開設したいという人もいるでしょう。

僕も最初、国内の取引所はコインチェックのみでしたが、NEMのハッキング事件以降、念のためにZAIFとbitflyerの口座を開設しました。

開設した瞬間にZAIFの2246兆事件があったり、bitflyerのSFD導入など、いろいろな問題が出てきて、僕も

 

「なんで自分が開設する取引所に限って毎回トラブルがあるんだ( ;∀;)」

と「なんだかツイていないな~」と落ち込んでました・・・

 

話が脱線しましたが、とにかく国内仮想通貨取引所を選ぶ際のポイントをまとめてみました。


①セキュリティー体制が万全
②金融庁に登録済
④取引所手数料が安い
③リップルもしくはイーサリアムの取引ができる

 

 

①セキュリティー体制が万全

 

仮想通貨安全に保管

 

これはもう当たり前のことですよね

仮想通貨は必ずコールドウォレットで保管されているところにしましょう。
コールドウォレットというのは、インターネットから完全に切り離してオフラインで保管している状態です。その状態なら外部からハッキングのしようがないので安全に預けることができます。

コインチェックはこれがホットウォレットになっていたため、外部からハッキングされて約580億円分のNEMが盗まれました。

今はほとんど、というか全部の取引所がコールドウォレット対応になっていると思います。じゃなきゃ安心して大切な資産を投資できませんよね。

それでも「取引所なんか信用できん!!!」という人は僕も使っているハードウェアウォレットに移しておくことをおすすめします。

 

ハードウェアウォレットについてはこちらに詳しく説明していますのでご参考にしてくださいね!

おすすめハードウェアウォレットLedger Nano sの注意点とは?

 


②金融庁に登録済

これは①のセキュリティーと同様で最低限の条件だと僕は思います。

今後、金融庁は取引所に対して立ち入り検査を行い適切な運営がされていない取引所は営業停止にするようです。運営やセキュリティーが問題なく認められた取引所に対して「仮想通貨交換業者登録済」が認定されます。

だからといって完全に安全だということではありませんので、その点は注意してくださいね。
それを理解した上で取引所を利用して、さらにあなたのコインを安全に守るならハードウェアウォレットの保管がおすすめです。コールドウォレットに保管しておけば、
取引所がハッキングされようが、経営破綻しようが関係ないので、いずれはその方法も視野にいれておくことをおすすめします。

 

③取引手数料が安い

取引所手数料

 

金融庁の許可をもらった取引所が前提ですが、その上でやっぱり「取引所手数料が安い」という点は大切なポイントだと思います。

僕はコインチェックで100万円以上の取引をしたとき、ある時は1回の手数料が5万円を超えたことがありました。そのときはそこまで気にしていなかったのですが、売買を繰り返すと手数料がだけでもかなり損をしていることになります。

 

取引している額が大きいだけに、感覚がマヒしていますが普通に3万とか5万が一瞬でなくなったらショックですよね。ただコインチェックがいつもそんなに手数料が高いかと言えば、そうではありません。

平均で3~10%と言われていますが、暴騰時や暴落時には手数料が上がるようです。おそらくその時は売ったり買ったりする人が多くなるからでしょう。

 

スポンサーリンク

 

また仮想通貨取引所には「販売所」と「取引所」の2つがあるところが多いです。基本的に「販売所」で取引をすると手数料が高くなります。

この2つの違いを知っておかなければ手数料でかなり損をする可能性があります。

 

この仮想通貨取引所と販売所の違いについてはこちらの記事に詳しく書いています。

納得!!仮想通貨取引所と販売所の違いと比較

 

手数料だけでもかなり損してしまうので、取引所選びには重要なポイントです。

でも逆に手数料が安いと、人間って怪しむ傾向にあるんですよね。

例えば「その分、人件費削ってんじゃないの?」とか「セキュリティーにあまりお金かけてないから安いんじゃないの?」
とか疑ってかかる人もいると思います。

その点については②の金融庁の審査をパスしていれば特に問題にないと思います。セキュリティーや運営状況が良好だから金融庁に認定されたわけで、決して手数料が安い分どこかを削っているわけではないでしょう。

そもそもコインチェックやbitflyerの手数料が高すぎるんですよね。2016年くらいの時期でまだまだ仮想通貨が流行っていなかったときは確かに手数料が高くても仕方がなかったかもしれません。

しかし、仮想通貨も世の中に少しずつ広まってきている今、株やFXと比べると手数料バカ高いのは間違いありません。

その中でも手数料の安い仮想通貨取引所もどんどん出てきています。安くても運営はしっかりやれているので、それなら手数料が安い方ところを選ぶことをおすすめします。


④リップルやイーサリアムを取引できる

リップルとイーサリアム

仮想通貨が今後普及していくことを前提で、日本の取引だけでなく海外の取引所をつかう機会も出てきます。僕も今は3つの海外取引所を利用しています。

ではなぜリップルを扱っている取引所がいいのか?

僕たちは日本円を海外の取引所に直接送ることはできません。そうなると日本円を一旦、なにかの仮想通貨に換金する必要が出てきます。そしてその換金した仮想通貨を海外の取引所に送金して取引をしないといけません。

そのときビットコインだと手数料が高く、送金にかなり時間がかかる時があります。僕も何度がビットコインを海外の取引所に送金しましたが、着金の確認がなかなかできず
「もしかして送金アドレス間違ったかな?」とだんだん不安になったことがありました。

 

また送金が遅いと、その間に買おうと思っていた海外取引所の通貨の価格が大きく動いて機会損失をすることもあります。

その点リップルなら取引や送金手数料が安く送金も早いという点では安心できます。

今後、海外の取引所を視野にいれるならリップルを扱っている国内取引所がおすすめです。

一方、イーサリアムについてはこれは僕の個人的な意見なのですが、おそらくイーサリアムは数年でいまよりかなり価値があがると予想しています。それはイーサリアムが仮想通貨のプラットフォームだからという理由です。

 

イーサリアムは仮想通貨のプラットフォーム

プラットフォームということは仮想通貨の基盤となるものということです。

もう少し分かりやすく言うとパソコンでwordやexcelなどのソフトがありますよね?

だけど、そのソフトってそれだけじゃ何も機能しないわけです。

windowsというプラットフォーム上で機能します。

 

またスマホのアプリだってたくさんありますが、それだけでは機能しません。iOSやアンドロイドというプラットフォーム上で初めて動くのです。これを仮想通貨に置き換えたときそのプラットフォームがイーサリアムなのです。

以上の理由から今後のイーサリアムの価値が上がっていくと予想して僕は仮想通貨投資額の半分以上はイーサリアムに投資しています。このまま2~3年間は見守るつもりです。

東京オリンピックの時期くらいになれば、仮想通貨も世の中に浸透してきて価値のあるものについては今より価格が上がっているのではないかと思います。

 

仮想通貨取引所を選ぶ際のまとめ


以上のお伝えした4つのポイントが国内取引所を選ぶ際のポイントです。


その中でも大手の企業は経営状態や資金の面で安心感があります。つまりもともと仮想通貨以外の事業で成功している会社です。
例えばDMMは動画配信やオンラインゲーム、レンタルDVDなどの事業で有名ですし、GMOはもともとはインターネットの株式会社です。
あとは、あなた投資したい仮想通貨を扱っているかどうかです。


僕が2017年にコインチェックを選んだ理由は仮想通貨の種類が国内で一番多かったからです。
まだ情報があまりなく、いろんな通貨で投資をしてみたかったのというのが理由でした。いまは仮想通貨の情報は溢れかえっていますので情報収集をしつつ、将来期待できる通貨に投資してみてはいかがでしょうか?

少額からでもできるのが仮想通貨のいいところです。株は最低単元株といって投資できる最低の金額が決まっているものがあります。
しかし仮想通貨は数百円からでも投資できます。


生活に支障がない範囲で仮想通貨投資をすれば、不安になることもないし、相場が暴騰しようが暴落しようが平常心で見ていられます。
まずは今回の記事を参考に取引所の口座を作ってみてはいかがでしょうか。

 

この記事がこれから仮想通貨を始める方や予備の口座を開設したい方の参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

 

仮想通貨取引所おすすめ一覧

 

以上の分析結果からおすすめの仮想通貨取引所は以下になります。

各取引所クリックするとホームページで詳細がご覧になれます。

 

QUOINEX

Bitbank

BitTrade

BITPOINT

DMM Bitcoin

GMOコイン

Zaif (リップルは扱かっていないが手数料が安い)

 

 

仮想通貨取引所ランキングも参考にしていただければ幸いです。

・おすすめ!日本の仮想通貨取引所ランキング情報2018

・厳守!!仮想通貨を安全に管理する方法とは?

・納得!!仮想通貨ICOとは?ホワイトペーパーの翻訳方法

 

スポンサーリンク

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!