ビットコインを代表とする仮想通貨は現在1400以上の種類があるとされていますが、その中でも日本発祥の仮想通貨が「モナ(MONA)コイン」です。モナコインは2017年にとんでもない値段になって話題になった仮想通貨なんです。

モナ(MONA)コインとは一体、どんな仮想通貨で、どのくらい値上がりしたのか?

またモナコインの将来性について説明したいと思います。

 

モナ(MONA)コインってどんな仮想通貨?

モナコイン時価総額

 

モナ(MONA)コインという仮想通貨ですが、この「モナ」という言葉は2ちゃんねる(現在5ちゃんねる)のキャラクター「モナー」がもとになってるんです。

2ちゃんねる発祥の仮想通貨が「モナコイン」ということなんです。

このキャラクターです。

モナコイン、モナー

 

誰もが一度は見たことがあると思います。

開発者は「Mr.Watanabe」(わたなべ氏)を名乗っているが、ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」と同じく正体は不明だそうです。


その冗談みたいなネーミングや2ちゃんねるから生まれたということで始めはただの「お遊びコイン」と思われていました。
しかし、技術的には大まじめでライトコインの上位互換であり、なんとビットコインの6倍の送金速度なんですよ。

おもしろい名前の割にはビットコインの6倍の送金速度なんて、けっこうすごいスペックなんですね~

またこのモナコイン、送金速度をアップさせる技術として「Segwit」を世界では初めて実装した通貨なんです。この「Segwit」はソフトフォークと呼ばれ、今でこそいろんな仮想通貨でおこなわれていますが、実はモナコインが初めてだったとは驚きです。

モナコインは技術的に見ても他の仮想通貨にひけをとらないほど優位性があるんです。。


「Segwit」についてはこちらに詳しく説明しています。

・解決!仮想通貨の分裂 ハードフォークとソフトフォークの違いとは?

 

ソフトフォーク

 

 

モナコインが人気の理由とは?

 

モナコインの人気の秘密は

・コミュニティが活発でサイト内で物の売買ができる

・お気に入りのブログや作品にモナゲ(投げ銭)ができて、それにより参加者達とコミュニケーションが取れる。

・送金手数料が安い

など、他の仮想通貨とは違った特徴があるので注目を浴びています。

 

スポンサーリンク

 

 

一時的に価格が急騰して1年間の値上がりがなんと600倍を記録しており、すごい盛り上がりを見せたことがあります。

今は比較的値段も落ち着いていますが、2018年現在、今後も伸びる可能性を秘めた仮想通貨です。

 

モナコインのモナ米ってなに?

モナ米とは

 

モナ米というのはモナコインのコミュニティに参加している人たちが「モナコインでお米が買えたらおもしろくない?」とつぶやいたのがきっかけで売り出しが始まりました。

実際にお米を購入した人たちからは「とてもおいしかったです。ありがとうございました。」などと感想がくるそうです。

ちなみにこのモナ米 1,899MONA 約1,500円くらいで購入できます。

 

また2017年末の冬コミでモナコイン決済が行われました。

作品を売る人はMonappyに登録して、買う人はQRコードを読んで決済を行うという仕組みです。
その時、会場では約30サークルがその決済方法を導入しました。

 

↑このキャラクターがモナッピーです。

 

Monappyとはサイト内でモナコインの受け渡しができたり、アップされた作品が良かったらモナコインをチップとして投げ銭することができるサイトです。

決済は最大で15秒ほどで完了し、スムーズな取引が行えた事例があります。

 

monappy公式サイトはこちら

 

 

モナコインの今後は将来性はあるのか?

 

モナコイン今後

 

モナコイン愛好者の中には、もはや円よりもモナコインの方が便利がいいという人もいます。

コミュニティでの投げ銭やお金の貸し借りでさえモナコインを使っているといい、「今日は3モナ貸してくれな?」などといったやり取りもあるそうです。

中にはモナコインでなんと包茎手術をした人までいるというから驚きですね。その人は持っていたモナコインが当初より2倍になったので、「この機会にやるか」と決心したそうです。さらにモノコイン仲間に医師の方がいたのでモナ決済で手術してもらったそうです(笑)

仮想通貨でコミュニティが盛んな通貨は他にXPというゲーム通貨がありますが、コミュニティの力が強く大きな仮想通貨は今後伸びると言われています。

 

スポンサーリンク

 

 

モナコインの価格は一時600倍まで上がり、資産を大きく膨らませて「億り人」が続出しました。

どうして2017年の10月にモナが暴騰したのかというと、10/8からモナコインがbitFlyerに上場したことがきっかけなんですね。

取引所に上場したことでSNSなどで一気に拡散され話題となったため価格が上がったのです。その後、価格は下がって570円前後で落ち着いています。

価格が下がった理由として一時的にバブル状態となったため利益確定目的で売る人が増えたのが一番の原因でしょう。

 

モナコインチャート

 

2018年以降、bitFlyerが取引所をアメリカにも進出する予定だそうです。

そうなると、今後モナコインを購入する人も増える可能性があります。

アメリカでも日本のアニメや漫画は大人気なので、アメリカの取引所でもモナコインが購入できるようになれば、また価格の上昇が期待できるかもしれません。

仮想通貨は取引所に上場が決まると、じわじわとチャートがあがってくる傾向が多いので、今のように安い価格の内に仕込んでおいて、中長期で投資すれば将来資産が増える可能性があります。
モナコインの将来性はbitFlyerのアメリカ進出で大きく影響されるかもしれませんね。

また他の取引所でも扱うようになればチャートは上昇していくかもしれません。

そんなモナコインが購入できる日本の取引所は以下の3カ所となっています。

(クリックすると公式ページがご覧になれます。)

 

bitFlyer

Zaif

bitbank

 

次の価格上昇に備えると同時にリスク管理のために1つの取引所だけでなく2つ以上の口座を開設しておくことをおすすめします。

僕もコインチェックのハッキング事件以降、bitFlyer、とZaifの口座を作りました。モナコインの今後に期待しましょう!

 

★この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。
↓↓↓↓↓

おすすめ!日本の仮想通貨取引所ランキング情報2018

必見!国内仮想通貨取引所選び4つのポイントとは?

仮想通貨【種類と特徴】ビットコインとイーサリアム

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!