ビットコインなどの仮想通貨の価格は株などと違って24時間休むことなく変動しています。

また取引についても、いつでも行うことができます。そのため、仮想通貨の価格はリアルタイムの情報が命となってきます。各取引所でもチャートは見ることができますが、海外の取引所や複数の取引所を利用している人、また色んな仮想通貨の価格をまとめてチェックしたい方はリアルタイムで一覧が見れたら便利ですよね。

仮想通貨マジシャン仮想通貨マジシャン

そんな方のために仮想通貨チャートをリアルタイムでチェックできるサイトをご紹介するよ!

 

スポンサーリンク

日本語対応チャート CoinGecko

 

Coingeckoは日本語対応で仮想通貨のランキングチャート一覧が見れるサイトです。

取り扱い通貨はなんと1000種類以上というのもスゴイですね。

僕もスマホのアプリでこのCoingeckoをよく使っています。

ウォッチリストに自分の選んだ仮想通貨を登録しておけば、リアルタイムで更新されるので、いつでも新しい情報を手に入れることができます。

 

それぞれの仮想通貨は詳しいチャートと出来高を見ることができます。

 

 

調べたい通貨をクリックすれば細かいチャートや取引所別の出来高もチェックできます。

仮想通貨でこのCoingeckoを利用している人はけっこう多いようですね。

 

 

また、気になる仮想通貨や購入したい通貨があったら公式サイトへのリンクや取り扱っている取引所も分かります。

取引所の24時間の取引高もランキング順にチェックすることができます。

ちなみに取引所ランキング1位はBinanceです。

Binanceは世界一の仮想通貨取引所で、扱っている通貨の種類も世界トップクラスです。

 

スポンサーリンク

 

●取引所の出来高ランキング一覧

 

 

トークンランキングもチェックできるcoinmarketcap

 

仮想通貨マジシャン仮想通貨マジシャン

続いてご紹介するのは「coinmarketcap」だよ!

こちらのサイトも「CoinGecko」と同じくリアルタイムでチャート一覧がチェックできます。ただ、こちらのサイトは日本語対応ではありません。

まあ、チャートや価格をチェックするだけなら英語でも全然OKだと思います。

仮想通貨の種類もCoinGeckoに負けず、とても多いので見たいチャートが必ず見つかります。

 

 

CoinGeckoと違う点はcoinmarketcapではトークンのランキング一覧もチェックできるんです。

トークンに投資している方なら、こちらのサイトを使ったほうがいいでしょう。

 

 

coinmarketcap公式サイトはこちら

 

 

知らなかったでは済まされないチャートの見方

 

あなたはチャートの見方を知っていますか?

ただ日々の上がり下がりだけをみて一喜一憂するのがチャートではありません。

今後の値動きがどうなるかがチャートである程度予想できるのです。

つまり、チャートの読み方を理解すれば、投資で勝率をあげて資産を増やしていくことができるのです。

 

僕は株をやっていたこともあり、チャートの基本的な読み方は知っていましたが、日々、仮想通貨のチャートを方眼紙に手書きで書いています。

手書きで書くことで値動きのパターンやクセが読めるようになりました。

これはアプリではだめです。

手書きというところがポイントなんです。自分で書くことで値動きのパターンが身に沁みます。

 

 

チャートの読み方も知らずに仮想通貨投資をしている人は、「明日上がるか下がるか」をただ運にまかせて当てているだけということです。

これでは、ギャンブルとなんら変わりません。

明日の値動きをじゃんけんで勝つか負けるかを決めているようなものです。

 

50/50 じゃダメなんです!

そんな確率で投資を続けていたら、いずれ資金はなくなってしまいます。

 

過去のチャートを分析して今後の値動きを予想することを「テクニカル分析」といいます。

テクニカル分析にはいろんな指標(データ)を使いますが、初心者の人はまず移動平均線による売買さえ守れば資産を大幅に減らすことはほぼありません。

ここでは簡単に説明しますが、例えばこのチャートをみてください。

 

 

移動平均線とは、10日、25日、75日など種類がありますが、この場合は10日間の平均価格をラインで表したものです。

オレンジのラインですね。

チャートを見ると価格が移動平均線から離れると戻ってくる、また離れると戻ってくるというパターンがわかると思います。

価格というのは移動平均線から離れると戻ってくるというクセがあるのです。

 

なぜか?

 

それは移動平均線の価格がその仮想通貨が持つ本来の価格だからです!

 

買われすぎて価格が上がると、売りの圧力が強くなり価格が下がります。本来の価格に戻ってくると、また買いが強くなり上がっていきます。

このパターンを見破れば、大損することはまずありません。

ボールのように移動平均線でバウンドして跳ねるんです。

その跳ねた時が売りのポイントです!

この移動平均線のラインのことをサポートラインといいます。

 

サポートライン近くで買い、跳ねたら売る。

たったこれだけです。

 

もちろん投資に100%はないので必ずこうなるわけではありませんが、チャートの読み方を何も知らずに勝負するのとは雲泥の差があります。

これはほんの一例です。

 

他にもいろんなテクニカル指標で未来の価格を予測するテクニックがあります。

チャートの読み方を知らない人は、まずこちらで基本を知ってください。

今後のあなたの仮想通貨投資に対する勝率があきらかに変わってくるはずです。

 

初心者に【超分かりやすい】仮想通貨チャートの見方、これで相場も読める!

 

何を基準に選ぶ?日本の仮想通貨取引所おすすめランキング

 

★この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。
↓↓↓↓↓

・仮想通貨チャートがおすすめのアプリ【コイン相場】

・【無料】仮想通貨の税金を計算するソフトまとめ!

 

スポンサーリンク

 

この記事が少しでもお役に立てば共有お願いします!!